MENU

聴力 サプリ

年齢を重ね、聴力が低下するのは仕方ないことかもしれません。でも、少しでも先に延ばしたい、今より良い状態にしたいと思うもの。『聴こえには「蜂の子」が良い』と聞いたことはありませんか。古くから言われてきたことが、最近の研究でその効果が確認されています。

 

当サイトでは、聴力低下が気になる方におすすめの蜂の子を使ったサプリをご紹介。ぜひチェックしてみて下さい。聴力低下はゆるやかに進行するので、本人も気づきにくいものです。初期には耳鳴りとして現れることがあります。蜂の子は、この耳鳴りにも良いのです。

 

 

山田養蜂場 蜂の子の特徴

会話の聞き取りをよくしたい方にオススメです。山田養蜂場の厳しい品質基準をクリアした、生後20日頃の雄蜂の子のみを使用。安心して摂ることができます。独自の酵素分解技術のおかげで、豊富に含まれる成分が吸収しやすくなっています。配合のギャバ・ビタミンB2B12が、耳鳴りや難聴の原因であるストレスから解放をサポート。1日めやす4粒に、蜂の子720r含有。研究では12週間の摂取で効果が実感されています。

価格 4,572円
評価 評価5
備考 1日めやす4粒。蜂の子720r含有

 

 

花菜の厳選蜂の子の特徴

耳鳴りに困っているという方にオススメします。万能食品といわれる蜂の子に、耳に良いとされる3つの成分を配合しています。リラックスによいクアンソウ、血流UPや巡りUPのイチョウ葉エキスとナギイカダエキスが、耳鳴りに効果を発揮。蜂の子は産卵から26日弱のものを乾燥させ粉末化して使用。1日めやす3カプセルに、蜂の子を約750r配合しています。医療品の製造基準GMPに準拠した工場での製造で、品質管理も安心。

価格 3,880円
評価 評価4
備考 1日めやす3カプセル。蜂の子約750r配合

 

 

美聴泉の特徴

植物性の安心なものをという方にオススメします。厳選の天然成分を植物性カプセルにギュッと詰めたサプリメントです。ヨーロッパで古くから使われているナギイカダエキスやビンカマイナーを使用。イチョウ葉エキスと共に血行を促進して、聴力の改善を助けます。体に優しいハーブ、トケイソウがストレスからの緊張をほぐしてくれます。1日めやす3粒。製薬会社が作ったサプリメントです。

価格 10800円
評価 評価4
備考 1日めやす3粒。ナギイカダエキス配合

 

聴力の低下の原因は加齢?

 

耳が遠いと言えば高齢者というイメージを持っている人も多いのですが、聴覚の衰えは30代からだと言われています。進行が穏やかなので自覚しないことが多いのですが、テレビのボリュームが大きくなったり、話を何度も聞きなおしたりしている場合には注意しましょう。なかには生活に支障がないということでそのままにしている人もいますが、周囲の人間は不快に思っていることが多いのです。実際に人間関係に悪影響が出ない前に手を打つようにしましょう。

 

加齢による難聴の多くは感音性難聴と言われていて、音が聞こえても言葉が聞き取りにくいというのが特徴となっています。難聴というと耳栓をしたときのように音が遠くなるイメージを持っている人もいますが、ヒアリング能力の低下も難聴と言えるのです。
実際にトレーニングなどを行って治療を行っていきますが、聴力が低下している場合には補聴器などを使うことも検討してみるようにしましょう。補聴器は年寄りみたいと感じている人も多いと思いますが、最近では日常で使っているイヤホンのような補聴器もあります。オシャレになっているので若い方でも手軽に使うことが出来ると思います。

 

実際に耳が聞こえない人と会話をしていると、何度も聞きなおされてしまうとイライラしてしまうこともあり、会話を避けてしまうようにもなってしまいます。そうなってしまうと聴力回復を目指すことも出来ず、コミュニケーションもとることが出来ない状態で自分の殻に閉じこもってしまいますので、様々な方法で聴力を取り戻してみるようにしましょう。

 

聴力と関係するめまい

 

めまいは生命維持の危険信号ともいわれています。めまいを起こしてしまう原因としては様々です。めまいを起こす病気は生活習慣が原因となっていることが多いと言われています。耳の病気では中耳炎や中耳手術、中耳腫瘍により内耳障害、メニエール病、良性発作性頭位めまいや脳、全身の病気などでも引き起こされてしまいます。

 

めまいの検査は問診が大切になってきます。詳しい症状や生活環境などについても聞かれることがあります。体のふらつき具合を見る検査やめまいの程度を見る検査、聴力検査は耳の病気によりめまいの診断に必要となっています。

 

めまいの対処法ですが、突然のめまいは頭を動かさないようにして、楽な姿勢をとるようにしましょう。衣服をゆるめて横になり心を安静に保つことも大切です。静かな部屋で目を閉じて安静しておくようにしましょう。安静に過ごして少しでも気分が良くなったらすぐにでも医療機関に受診するようにしましょう。

 

めまいを予防する方法としては、睡眠と休養を十分にとることです。またストレスとうまく付き合うことも大切で、タバコは本数を減らすか禁煙するようにしましょう。食事に関しては糖分や脂肪、カロリーのとり過ぎがないか考えてみましょう。飲酒も控えるようにして、旅行などに行く際にはきちんと医師に相談することが大切になってきます。

 

めまいがする場合は、検査が必要となり検査の結果次第で治療を進めていくようになっていきます。めまいの原因を知ることにより、早めに治療を行うことが出来るので、日常で頻繁にめまいを感じる場合には早めに病院へ受診するようにしましょう。

 

聴力と耳鳴りの見分け方

 

耳鳴りは身近な症状として現れるのであまり気にしない人が多いのですが、命に関わってしまう耳鳴りや聴力を失う耳鳴りもありますので注意するようにしましょう。加齢性難聴による耳鳴りは、キーン、ジー、ザー、ドコンドコンというような耳鳴りの場合には可能性が高いと言えます。これは加齢により音をキャッチする内耳に衰えが起こってしまい、それをカバーしようと脳が感度を上げてしまい、雑音が聞こえるようになり起こってしまう耳鳴りです。

 

原因としては耳の中の血流が悪い状態なので、血流をよくする薬を飲むことにより改善できます。加齢性難聴は早い人は40歳くらいから起こると言われています。加齢性難聴は動脈硬化の人がなりやすい傾向にあり、内臓脂肪が多い、高脂血症、高血圧、運動不足の人は気をつけるようにしましょう。

 

治療法としては内耳の血流をよくするために血液改善の薬が一般的ですが、次に補聴器による治療もあります。補聴器療法は治療に適応する人に行われる治療法なので医師に相談するようにしましょう。

 

突発性難聴は、たった1日で音が聞こえなくなってしまう病気です。この病気は年齢に関係なく若い人でも発症する事があります。突発性難聴は音を聞き取る内耳の血流が急激に悪くなって、聴力が急激に低下してしまう病気で、原因としては疲労やストレスと言われているのです。

 

実際にある日突然ドーンと聴こえなくなり、すぐに治療を始めないと内耳機能が失われて聴力を失ってしまう可能性もあります。治療は入院して血流を改善する薬を投与していきます。最近では強いストレスが原因となり、耳に影響を及ぼしてしまう可能性も高くなってしますので、何よりも日常でストレス発散を心がけることが大切になってきます。

 

聴覚過敏症とは?

 

聴覚過敏症とは聞こえすぎる症状が続くことです、耳の病気というと難聴や中耳炎のように聞こえが悪くなってしまうということを連想する人が多いと思いますが、聴覚過敏症は周囲の環境音が騒音に聞こえたり、不愉快な音として聞こえたりする病気と言われています。

 

聴覚過敏症は耳自体に何らかの病状があるというわけではなく、精神的なものが大きいと言われています。交感神経が敏感に反応して、耳の神経が一種の興奮状態になってしまって音が拡張されて聞こえてしまうのです。自律神経が過敏な反応を起こしてしまう原因としてはストレスが挙げられますが、この病気の厄介なところはストレスが過敏症にあり、音がうるさいということでストレスが溜まってしまうという連鎖が始まってしまい、なかなか治すことが出来ないと言われています。

 

聴覚過敏症になってしまったら耳鼻科に受診するということになりますが、悪化すると精神面にも大きな問題を生じてしまう可能性がありますので、早めに病院へ受診するようにしましょう。聴覚過敏症を治療するためには、かなり時間がかかると言われていて、日常の生活の中でも様々な音がしますので、悩みが多くなってしまい、ほかの病気やケガとは違って、見た目は健常者と変わりがないので、周囲に理解されにくいということがあります。仕事などをしている場合には、周囲に分かってもらうようにしたり、自分なりの対策をきちんと行って治療を行っていく必要があります。時間はかかりますが、治療を続けることにより治すことが出来ると思います。

 

糖尿病は聴力低下の原因?

 

糖尿病の人は聴力障害のリスクも高くなってしまうと言われています。実際に糖尿病患者は糖尿病ではない人より、聴力損失の発症リスクが最大で3倍近く高くなることが分かっています。この傾向は若い人の方に多くみられると言われていて、糖尿病の方は若い頃からきちんと聴力検査を受けるようにしましょう。

 

糖尿病の人に聴力損失が多い理由としては、単に加齢の影響ではなく不良な血糖値管理が全身の血管や神経に損害を引き起こしてしまうと言われているのです。糖尿病は心臓病から腎臓障害やめの血管損害による視力損失まで様々な合併症を引き起こしてしまうと言われているのです。

 

糖尿病と聴覚障害の発症率の関係の強さは年齢と性別を一致させたかどうか、あるいは慢性的に騒音環境にさらされている人を除いたかそうかにより、著しい影響を受けませんでした。この研究では聴覚障害はうつや認知症などのいくつか健康状態に関係する病気を発症してしまう可能性もあると言われています。実際に治療は難しいと言われていますが、悪化を防ぐためには病院へ定期的に受診することが何よりも重要になってきます。

 

糖尿病の方は、様々な症状が合併してしまう傾向にありますので、何よりも様々な分野において検査をきちんと行う必要があります。さらに治療を行っていくうえでも糖尿病があることを医師に伝えることにより、検査方法も治療法も違ってくる場合があります。

 

ミュージシャンもやる!聴力を回復する方法

 

普段イヤホンやスピーカー、音楽会場で大音量で音楽を聴いている人は、耳のケアをきちんと行う必要があると言われています。耳の聴力には寿命があると医学的にも言われているのです。

 

聴力の問題を告白しているミュージシャンはたくさんいます。一過性の大きな音を聞いた場合はしばらく耳を休ませることにより回復することが多いと言われています。何度も大きな音を聞き続けてしまうことにより、細胞が壊れてしまって回復出来なくなってしまうのです。なので続けて大きな音を聴くことは極力避けるようにしましょう。

 

また自分が他人と比べるとどれくらいの聴力があるのか、年齢に適した耳年齢なのか気になると思いますが、ほかの人と実際に耳を取り換えることは難しいですし比較も難しいと思いますが、耳年齢を調べるようにしましょう。耳垢がたまっていたりほこりがある場合でも聞こえに関係していますので、自分で耳掃除をする場合も中を見ることが出来ませんので、耳鼻科で耳掃除をしてもらうことによりキレイにすることが出来ます。

 

更にミュージシャンは、スタジオやライブなどの爆音で音を聞く機会に耳栓をすることもあります。逆にスッキリ聞こえるので演奏もしやすい場合が多いようです。音楽が好きな人にとっては、好きな曲を大音量で聞きたいという人もいますが、聴力を失ったら好きな歌も聞くことが出来なくなってしまいますので、普段からきちんと耳のケアも行うようにしましょう。

更新履歴