MENU

イヤホンが聴力に与える影響とは

 

 

イヤホンによる難聴のリスク

 

携帯音楽プレーヤーの普及によって通勤・通学、ウォーキング、散歩などあらゆるシーンで利用する人が増えています。音楽の楽しみ方は人それぞれで、コンサートに行って臨場感を味わいたいという人もいれば、好きな時に好きな音楽を自由に楽しみたいという人もいます。周囲に迷惑をかけないようにイヤホンを使用するのはマナー的には良いことですが、イヤホンが聴力低下の原因となるケースが増えています。

 

音響外傷は騒音性難聴のひとつ

 

イヤホン難聴は音響外傷とも言われ、騒音が原因によって聴力が低下する疾患です。広い空間に流れる音楽を聴く場合とは異なり、イヤホンを使用する場合には強制的に耳に音を聞かせていることになるため、大きなストレスがかかっています。特に音量を大きくしたり聞いている時間が長いと、ストレスが増して耳の奥にある音を感知するのに必要な有毛細胞を傷つけるリスクが高くなります。有毛細胞は壊れてしまうと自力での再生が出来ないので、聴力低下もしくは難聴になります。軽度のうちなら薬や静養によって回復出来ますが、深刻な状態になると補聴器の装着、最悪の場合に手術での回復を試みます。

 

難聴予防として出来ること

 

イヤホンによる聴力への悪影響を予防するには、大きい音量で聴かないことが必須条件です。また長時間の使用もよくありません。携帯音楽プレイヤーを聴力に悪影響がないように楽しむには、静かな場所で試聴した音量を維持する、1時間以上は継続して聴かない、イヤホンを装着したまま睡眠しないなどの点に注意することが大切です。また睡眠不足、頭痛など体調が万全でない時の使用も控えたほうが安心です。なにより聞こえ方に異変を感じたら早めに耳鼻科を受診することも大切です。