MENU

聴力回復ができる方法

 

 

聴力回復の方法とは

 

聴覚の低下は症状によっては回復させることが出来ます。内耳の有毛細胞にトラブルが起こった場合、投薬によって再生を促すことが可能です。症状によって称する薬の種類が異なるので、自己判断はせずに耳鼻科を受診して詳細な検査を受けるとよいでしょう。

 

薬を使用したくないなら、脳トレを利用した聴力回復方法もあります。聴覚に特化したトレーニングを行うこと、専門家のサポートを受けることが必要ですが、ストレスなどが原因の軽度の難聴では回復の効果が報告されています。

 

加齢など耳の機能そのものが低下している場合には、補聴器を使用するのが一般的です。周囲の音や会話が聞き取りにくい状況のまま放置すると、コミュニケーションがとりにくくなるだけでなく、脳に刺激が伝わりづらくなり、脳の機能が衰える原因にもなります。耳鼻科での聴力検査を行って、適切な機器を選ぶようにします。

 

原因を特定して対処する

 

聴力が低下する原因は先天性・後天性を含めた病気以外に加齢、生活習慣があります。特に加齢による聴力の衰えは、すべての人に訪れる可能性が高い原因です。年齢を重ねると体の機能全体が衰えるので、体のあちこちに老化現象があらわれます。関節の不安、疲労の蓄積、シワ・たるみ、体力の減退など人によって現れ方には個人差があります。

 

聴力の低下もそのひとつで、40代で悪くなる人いれば80代になっても生活に支障がない聴力を維持している人もいます。若い人を中心に増えているのがヘッドホンまたはイヤホン難聴です。大音量で音楽を聞いたり、音量は低くても長時間ヘッドホンを装着していると耳にストレスがかかり聴力に不調を生じます。聴こえのレベルは原因によって異なるので、専門医の診断を受けて適切な対処をすることが大切です。

 

最終的な聴力回復方法は手術

 

聴覚障害には補聴器では聴力の回復が見込めないケースがあります。普及しているのは人工内耳を取り付ける手術です。聴こえないから手術で回復というのではなく、専門医の詳細な検査と診察を受けた結果によって、手術が最適な方法か否かを決定します。両耳に重度の難聴が生じている場合には、医療保険の適用が出来る可能性が高いですが、片耳に聴覚があり、日常生活に大きな支障がない場合に手術を希望しても、保険適用外となるケースがほとんどなので、高額な医療費がかかります。