MENU

イヤホンによる聴力低下の理由と予防方法

 

 

イヤホンもしくはヘッドホン難聴

 

難聴の原因は生まれつき、高齢者、病気など様々ありますが、働き盛りの人や若い人でもかかる可能性があります。特に増えているのが騒音性難聴に含まれるイヤホン難聴でヘッドホン難聴と呼ばれることもあります。強制的に耳に音を流してストレスを与え続けるのが原因です。たとえば列車が通過する時の高架下の音量と同じ位の大きな音を15分以上聴き続けると難聴になる可能性があります。また音量を下げたとしても、長い時間イヤホンやヘッドホンをつけたままでいるのもよくありません。最も耳にストレスがかかるのは高周波の音です。

 

どんな症状があらわれるか

 

イヤホン難聴の特徴的な症状として、ずっと同じ音量で聞いていたのに以前より音が小さくなった気がする、イヤホンやヘッドホンを外すと耳鳴りがするなどがあります。大きな音に耳が慣らされているので、イヤホンをはずしている時に周りの音が聞き取りにくくなることもあります。自覚症状を感じにくいので、聞こえ方がおかしいと思って病院での診断を受けた時には重症化していることが多いです。重症化すると治療をしても回復しにくくなります。聴力が劣化しないうちに予防法を実践しておくと良いでしょう。

 

イヤホン・ヘッドホン難聴の予防法

 

とにかく音量を下げて聞くことです。数値で言えば65デシベル以下が望ましく、目安は静かな乗用車内やクーラー運転音です。イヤホンを付けた時にクーラーの運転音がかすかに聞こえるのが理想的です。そしてイヤホンやヘッドホンを長時間つけておかないことも重要です。音楽などを聞いていて頭痛や耳鳴りを感じたらすぐに使用を中止します。また数時間単位で聞き続けないことも重要で、耳に与えた負荷を取り除くには、イヤホンで音楽を聴いた時間の3倍の時間だけ耳を休ませることが必要です。遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを使用することも予防には有効で、周囲の音が聞こえなければ大きい音量にしなくても音楽などを楽しめます。