MENU

耳掃除で聴力が低下する?

 

 

難聴の原因が耳垢だった

 

聴力検査で引っかかって耳鼻科で再検査をしたら、耳垢が原因だったという話は珍しいことではありません。耳垢が溜まってたことを恥ずかしく思う人は多いですが、頻繁に耳掃除をした結果、逆に耳垢が耳の奥に押し込められて、鼓膜をふさいで聴力を低下させる原因になることもあります。また耳かきによって外耳に傷が付いて炎症を起こすこともあります。このため耳掃除は頻繁にする必要がない、自分ですると危険という耳鼻科の医師は多いです。

 

耳掃除は不要?

 

日本人の多くは耳垢は乾燥タイプです。そのためあごを動かして食べ物を咀嚼すると自然と排泄されるようになっています。普通に生活をしていれば溜まることはないので、多くの人は耳掃除の必要はありません。ただ少数派ですが、耳垢が湿ったタイプの人がいます。湿ったタイプの人は耳掃除を意識して行わないと、難聴の原因になることもあります。

 

しかし耳の中は骨の上に薄い皮膚がある無防備な状態なので、ちょっとでも耳かきが引っかかると、傷になって雑菌が繁殖しやすい環境になっています。外耳炎などの病気にかかりやすいので、耳鼻科できれいにしてもらうのが安心です。耳垢は入り口付近にしかたまらないので、自分で耳掃除をする場合には、耳の入り口から1センチぐらいの場所で止めておくことが大切です。

 

綿棒での耳掃除も危険

 

綿棒は耳かきとは違い、柔らかい綿が付いているので、耳を傷つける心配がない思って耳掃除をする人がいます。しかし綿棒は耳かきよりも太いので、耳の中にある垢を取り除くには適していません。逆に耳の奥に耳垢を押し込めてしまう可能性があります。綿棒は耳の周囲にある耳垢を取り除くためにのみ使うのが望ましいです。耳の穴には決して入れないことです。製造・販売メーカーでも但し書きに、耳の穴に入れないようにと記載するケースが増えています。