MENU

聴力トラブルの原因は脳の疲れかも

 

 

聴力低下の原因はさまざま

 

テレビの音や会話がよく聞き取れないという症状が続くと難聴になっているかもしれません。原因は先天性や遺伝性の疾患、ケガ、加齢、後天性の疾患など複数あり、レベルも軽度から重度まであります。多くの場合は聴力は回復させるのが難しいのですが、原因によっては回復するケースもあります。

 

聴力と疲れの関係

 

耳の不調の原因のひとつとして自律神経の疲れがあります。簡単に言うと自律神経は交感神経と副交感神経で構成されいて、緊張とリラックスを管理しています。昼間の活動時には交感神経が活発になり、就寝時には副交感神経が活発になるのが正常な状態ですが、仕事や人間関係などによる過度なストレスを受けると、自律神経の役割が乱れて慢性的に疲れた状態になって、不眠や疲労感など体の不調の原因になります。聴力の低下、難聴、耳鳴りなども自律神経の乱れによる脳の疲れが起こす場合もあります。

 

疲れが原因の聴力低下の改善

 

脳が疲れている状態が続くと、聴力の不調も改善しにくいです。治療をするには耳鼻科の診断を受けることが前提ですが、日常生活を見直してストレスを軽減し、自律神経を正常にすることも必要です。疲労物質を効率よく排泄する方法として、ビタミンB群、クエン酸、タウリンを配合したサプリメントを利用すると回復が早くなります。

 

適度な運動や入浴も有効ですが、耳に関しては静かな環境で過ごすことが最も大切です。ヘッドホン難聴や騒音下にいたことで一過性の難聴や耳鳴りになっている場合なら、耳の機能を休めることで早期回復が可能です。老人性難聴の場合には、年月をかけて聴力が低下しているので、短期間での改善は難しいですが、脳の疲れを癒して血流がアップすれば、耳の不調の改善効果があります。